• ホーム
  • 食事メニューを比較し胃腸薬を服用

食事メニューを比較し胃腸薬を服用

吐き気をする女性

明らかに胃もたれを引き起こしそうなメニューの食事をしたわけではないのにも関わらず、朝から胃の調子が悪いという場合は胃腸薬を服用するのも良いでしょう。
現在、胃腸薬はあらゆる種類が存在していますが朝から調子が悪いという場合は、健胃剤や胃粘液保護剤を選ぶと良いです。
健胃剤というのは、苦味や芳香がある漢方を成分として作成されており、漢方の刺激により食欲を高まらせたり唾液の分泌量を増やすことにより、消化器系の活動を活発化させます。

次に胃粘液保護剤は炎症が生じている粘膜を薬剤によって直接的に修復させたり、胃粘液の血流を増やすことによって粘膜の生まれ変わりを促進させます。
このように2つの成分を比較して適切な胃腸薬を選ぶことによって症状を緩和させることが見込めるのですが、胃腸薬を飲んでも一時的に緩和されるだけで長期的に良くならないという場合はストレスが起因の可能性があります。
人間の中で食事をしたものを意識して消化している方というのは存在しません。
その理由は、消化というのは自律神経によって行われており無意識でも行われるためです。
無意識のうちに消化液を分泌した後に消化が行われ、十二指腸に送るという一連の流れが行われているのです。

こうした一連の流れは全て副交感神経により行われているため、ストレスを感じると副交感神経の動きが鈍くなりいつまでも食べ物が胃内に残ってしまい調子が悪く感じられてしまいます。
最も好ましいのは疲弊してしまう要因を取り除くということですが、お仕事が原因の場合は解決が難しいでしょう。
そこで、夜はできるだけ自分の好きなように過ごすように心がけることにより明朝の体調を良くすることができます。

関連記事