• ホーム
  • 薬草の臭いの胃腸薬としても知られる太田漢方胃腸薬

薬草の臭いの胃腸薬としても知られる太田漢方胃腸薬

太田漢方胃腸薬が臭いのは、胃腸薬としての機能を有することの証でもあるため、薬効の一種として受け入れることが大切です。
太田漢方胃腸薬の組成は、胃腸薬の安中散に利水薬の茯苓を加味した形になっていますが、漢方薬の伝統を受け継いでいることには変わりありません。
土瓶などで煎じる段階では、特に強い臭いが広がる性質を持っていますが、エキス顆粒になれば軽減されます。

太田漢方胃腸薬に含まれる生薬の中には、芳香性健胃薬となるウイキョウなどが含まれ、場合によってはカレーの香りと共通する要素もあります。
ウイキョウに含まれる有効成分はアネトールで、胃腸薬としては古代ローマや古代中国でも愛用されてきました。
太田漢方胃腸薬には、独特な芳香を放つ桂皮も含まれていますが、この生薬については好みが大きく分かれる性質があります。

桂皮の香りが嫌いな場合には、太田漢方胃腸薬が臭いと感じることは不思議ではありませんが、好きな人にとっては有り難いものです。
安中散に茯苓を加味した方剤ですが、実際には多彩な生薬が折り重なることで、一つの香りだけが際立つことがないように配慮されています。
ところが、薬草の香りが苦手な人も少なくないですから、最初のイメージで臭いを思い浮かべることも珍しくありません。

太田漢方胃腸薬に含まれるリョウキョウに関しては、ショウガの仲間に属する植物が原料ですから、実際の香りは爽やかです。
この香りの由来はシネオールという精油成分で、ショウガの仲間だと思えば、意外と受け入れやすいものです。
さらに、太田漢方胃腸薬には甘味料としても有名な甘草も含まれるため、五味を穏やかにさせる要素も持っています。
そのために、生薬の組成をよく理解すれば、実際には馴染みやすい胃腸薬として利用することもできます。

関連記事