• ホーム
  • 胃腸薬の制酸作用は善玉菌に良い効果を及ぼす

胃腸薬の制酸作用は善玉菌に良い効果を及ぼす

胃腸薬には制酸作用のある成分が含まれています。
これは胃の中で増えすぎた胃酸を抑制する働きがあります。
胃酸が増えすぎると、胸焼けや吐き気などの不快な症状が起こります。
胃潰瘍になることもあります。
胃潰瘍は胃酸によって胃がダメージを受けて起こる病気です。

最近は腸に住んでいる善玉菌が脚光を浴びています。
善玉菌は人間の健康に深いつながりがあり、その量が減少すると、人間の健康は損なわれてしまいます。
善玉菌を含む食品は多いのですが、胃を通るときに胃酸で溶かされてしまうことがあります。
溶かされてしまったら、腸には届かないので健康にはプラスになりません。
胃の調子が悪くて、胃酸が増えすぎている場合は、食べ物に含まれた善玉菌が腸に届きにくい場合があります。
だから、胃腸薬で胃の調子を整えるのは、腸の健康にも役立つのです。

胃の悪い人は腸の状態も悪くなっていることが多いです。
胃できちんと消化されずに、腸に食べ物が届くと腸に対する負担が大きくなります。
体全体の健康のためには腸だけではなく、胃の調子も良くしていなければなりません。

胃の調子も腸の調子も悪いときは、制酸作用の強い胃腸薬を飲みながら、善玉菌をできるだけ腸で増やす必要があります。
最近は腸まで届く善玉菌が開発されて、ヨーグルトの中に入れてあります。
そのようヨーグルトをできるだけ毎日食べるようにしましょう。

そのほかには納豆もお勧めです。
納豆の中に含まれている納豆菌はヨーグルトの乳酸菌と似た働きをします。
さらに良いのは、納豆菌が胃酸によって溶かされないことです。
溶かされないので、体の中に入ると腸まできちんと届きます。
ヨーグルトも良いのですが、納豆も毎日食べるようにすれば、健康に大きなプラスになります。

関連記事