• ホーム
  • 生薬が制酸薬として使われた胃腸薬がある

生薬が制酸薬として使われた胃腸薬がある

いろいろな種類の胃腸薬がありますが、生薬が制酸薬として使われている薬があります。
胃の病気の多くは、胃酸が増えすぎて起こることが多いです。
胃酸が増えすぎると、胸焼けやむかつきなどの不快な症状が起きやすくなります。
胸焼けやむかつきだけだったら良いのですが、ひどくなると胃酸のために逆流性食道炎や胃潰瘍が起こる場合もあります。
胃酸は強い酸性なので、多くなり過ぎると、人間の体にダメージを与えます。
例えば、胃潰瘍は胃酸によって胃に潰瘍ができる病気です。

胃酸を抑えられる成分はいくつかあります。
胃腸薬に使われている成分としては、酸化マグネシウムや炭酸水素ナトリウムなどがあります。
胃酸を抑える生薬としては、ウコンやケイヒなどがあります。
生薬の中で特に胃酸を抑えるのに有効な成分はウコンです、ウコンは昔から胃の薬として知られており、最近は胃腸薬にも使われるようになりました。

化学的な成分が制酸薬として使われている薬もあります。
胃酸を抑える化学的な成分としてよく知られているものに、H2ブロッカーがあります。
この成分は、胃の壁の細胞にある胃酸を出す部分をブロックする働きがあります。
H2ブロッカーは胃酸を抑える働きが強いのですが、副作用もあります。
心臓の病気を持っている方は使うことはできません。
この成分は心臓の受容体にも働きかける力があるからです。

胃の不快な症状にはいくつかの種類があるので、自分に合った胃腸薬を選ぶことが大切になります。
制酸薬が入った薬は胃酸が多すぎて起こる不快な症状を改善するのに一番適しています。
食後に胸焼けがしたり、喉が詰まるような感じがしたら、この種の薬を使ってみましょう。
生薬が使われているものが、体に優しいです。

関連記事