• ホーム
  • ヂアスターゼ配合の胃腸薬が効かない場合は胃がん検診

ヂアスターゼ配合の胃腸薬が効かない場合は胃がん検診

吐きそうな男性

胃の調子が悪くなると強い不快感を抱いてしまうようになるため、何事に対しても集中することができなくなってしまいます。
調子を悪くさせている原因の多くが食べ過ぎや飲み物によるもので、消化酵素剤として知名度が高いヂアスターゼが含まれている胃腸薬を服用すると治ることが多いです。
しかし、ヂアスターゼが配合されている胃腸薬を服用しても改善が見込まれない場合は、重大な病気を疑い胃がん検診を受けるという方も多いものです。
早いうちから病院に行って胃がん検診を受けることは大事にならずに済ませられる方法ですが、時には胃がん検診をすぐに受けられない場合もあります。
そのような場合は、自宅で簡単に行うことができる上に効果が高い方法で改善を図ってみると良いでしょう。

実は胃の調子が悪いという状態はストレスが起因となり、自律神経が大きく乱れていることも関与しています。
自律神経は交感神経と副交感神経が存在し、2つの神経がバランス良く保たれていることで身体の調子を整えています。
ストレスを感じてしまうと交感神経が活発になるのですが、胃の動きを司っているのは副交感神経です。
そのため、ストレスを感じることにより働きは悪くなってしまうと言えるのです。

副交感神経を活発化させるためには、リラックスすることが最も重要です。
個々によりリラックスできる方法というのは異なりますが、全ての人々に共通しているのが、ぬるめに設定したお湯にゆっくりと入浴することです。
湯船で湯に浸かりつつ静かにゆっくりと息を吐き、助骨の下部付近を優しくマッサージしてあげると、ツボが刺激されるため消化器系の働きが良好になります。
このように胃腸薬に頼る以外に方法もあることも覚えておきましょう。

関連記事